FC2ブログ
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
キス。
2009-11-05 Thu 16:47
大好きで、よく歌う曲の中に。
Crystal Kayちゃんの、「Kiss」がある。


イントロのピアノも、メロディー全部も。
その歌詞も、すべてが大好きで。


いつか、そんな風に愛せる誰かに。
出逢えたら、いつもそう想ってた。

でも、それは。
アタシには許されないよ、と思いながら。

いつも、心の何処かで願ってた。



現実になったんだ。



この曲を、歌うたび。
アタシは、その事実に感動して泣きそうになる。




その日。



まさに、「忘れられないキス」を。



Hが、くれた。






いつでも、険しい表情をしていた。
いつでも、すべてのひとから一線を画してた。

だから。

初めて見た、そのやわらかい表情は。
アタシには、驚きでしかなかった。




其処から先の、展開は。
もう、アタシの記憶には「ちゃんと」残っていない。

動揺と、感動と。
色んな感情が、混在して混乱しているせいか。
いつものように、「時系列」がバラバラになってる。

きっと、Hはすべての順番を記憶してる。
だけど、アタシは何ひとつまともに覚えていない。


細くて、骨ばったその指が。
アタシの頬を、撫でたことや。

タバコの匂いと、味がするその舌が。
アタシの唇と、耳元に絡みついてきたことや。

後ろから、強く抱き締められて。
抵抗しても、動けなかったことや。

ひとつひとつ、細かい「出来事」は覚えてるけど。
どんな風にして、始まったのかとか。
どういう流れで、その店を出たのかとか。


そういうことは、なんにも覚えてない。




覚えているのは。



家の前まで、来て。
Hが、アタシが降りてくのを待ってると知りながら。
どうしても、まだ離れたくなくて。

何処でもいいから、連れて行ってと。
懇願して、Hを困らせたことと。


着いた場所が、海の近くで。
波の音が、聴こえたことと。


その日、そのクルマで抱かれたことと。


Hが、こう言ったこと。









『・・・・・・・俺の。』





誰にも渡さない、と。

そう、言ってくれたこと。







スポンサーサイト
別窓 | 馴初。 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<指輪。 | 無子宮のオンナ。 | ドラマ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 無子宮のオンナ。 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。