FC2ブログ
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
過去。
2009-12-17 Thu 07:31
小さくても、大きくても。

嘘は嘘で、いつかはバレる。



だから。



どんなに、残酷な事実であったとしても。

どんなに、辛い真実であったとしても。

いつでも、「本当のこと」を言って欲しいと。

それ以外はいらない、それ以外は受け入れられないと。



何度も、言ってきたのに。









Hはまだ、アタシに嘘を重ねている。

それは、些細なモノがほとんどだけれど。



そのすべてが、アタシを不安にさせる。










過去のことは、過去のことで。

気にしたところで、今更どうしようもないこと。


だから。


一緒にいた時期を、一緒に過ごした日々の長さを。

嘘で固めて、短くする必要はないのに。





あの女性が、Hのとなりにいたこと。

あの女性が、Hに愛されていたこと。

それは、覆せない事実。

それを、消去しようとは思わない。




アタシにも、アタシの「過去」があり。

どうしても忘れられない、ひとがいて。

だからそれは、「お互いさま」なのに。




Hは、アタシに嘘をつき通そうとしている。

過去だけじゃなく、現在の経済状況についても。







それでも。






アタシは、Hと残りの人生を過ごすと決めた。

その覚悟は揺るがないから、動いた。









昨日。







アタシは、Hの「妻」になった。






スポンサーサイト
別窓 | 現在。 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<告白。 | 無子宮のオンナ。 | 嘘。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 無子宮のオンナ。 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。